FOLLOW US
instagram
twitter
ENTRY

テスト、成績、受験の、
先を見据えた授業を。

鳥越 大智 2019年入社 成基学園茨木教室プライム

勉強をする理由から教育する。

学生時代は教員志望で、他塾の選考も受けました。内定式の直前まで、別の塾に入社しようと決めていましたが、たまたまそのタイミングで成基を知り説明会に参加。合格実績などではなく、「人」を軸に教育する姿勢に魅力を感じ、ここなら生徒はもちろん社員も人として成長できると思い入社を決意しました。
私が一番惹かれたのは志教共育という考え方。人生のゴールから逆算し、そのために今何をすべきか、なぜ学生時代に勉強をしないといけないのか、根本から理解を生んで教育するという志共育の姿勢は、今も一番大切にしています。
私が担当する小学校3~5年生は、入塾時点での進学意識はそれほど高くありません。生徒たちにはまず、何のために勉強するのかから教え、受験学年になったときに選択肢が増えるよう、自走できる基礎を作っています。

入塾から卒業まで、伴走できる力を手にしたい。

低学年で築いた基礎の上に、より専門的な知識・テクニックを重ねるのが高学年の受験期です。当然私達には高い専門性と豊富な知識量、生徒を前のめりにする授業力など幅広い能力が求められます。2年目となり私自身も、できることは着実に増えたものの、受験期の生徒をみる先輩陣との差はまだまだ感じます。特に感じるのは知識量の差。単語一つとっても、なぜその単語ができているのか、なるほどと思えるところまで意味を分解して伝えるからこそ、生徒の理解は深く、信頼も大きい。必要な場面で厳しいことを伝えても、生徒がついてきてくれる本当の意味での関係性を築けるようになり、高学年を任せていただける存在になることが、今後の私の目標です。